ホーム > 中部の地域ESD拠点  > 中部エリアの「地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)」について

ホーム > 中部の地域ESD拠点  > 中部エリアの「地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)」について

2020.02.06 中部の地域ESD拠点 

中部エリアの「地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)」について

2020年1月、中部エリアの新たな地域ESD拠点として
「特定非営利活動法人大杉谷自然学校」が登録されました。


「特定非営利活動法人大杉谷自然学校」は大杉谷(三重県多気郡大台町の宮川上流の渓谷)で、地域を生かした環境教育を実践している団体です。学校教育、大人子ども対象の自然体験活動の他、地域の伝統文化を継承する活動なども実施しています。
なお、大杉谷は、ESDの活用が提唱されているユネスコエコパーク「大台ケ原・大峯山」に位置しています。今後、大杉谷自然学校が地域ESD拠点としてどのように展開していくか楽しみです。

★大杉谷自然学校のウェブサイトはコチラ
 

中部ブロックには、2020年度1月現在、13の地域ESD拠点があります。

(地図をクリックすると【地域ESD活動推進拠点リスト】ページへ)

 


地域ESD拠点の登録制度について
学校現場・社会教育の現場では、さまざまな主体が地域や社会の課題解決に関する学びや活動に取り組んでいます。そうした現場のESDを支援・推進する組織・団体等を「地域ESD活動推進拠点(以下「地域 ESD拠点」)として登録しています。
地域ESD拠点は、地方センターのパートナーとして、他の地域ESD拠点とも連携し、各地域・各分野で取り組まれるESDをさまざまな形で支援することで、「ESD推進ネットワーク」の中で中核的な役割を果たすことが期待されています。

 

登録制度のご案内(PDF)

登録要綱(PDF)

※地域ESD拠点への登録をご検討される場合は、ESD活動支援センター(全国・地方)にご相談ください。

ホーム > 中部の地域ESD拠点  > 中部エリアの「地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)」について
ホーム > 中部の地域ESD拠点  > 中部エリアの「地域ESD活動推進拠点(地域ESD拠点)」について